読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webサイト制作の勉強@迅

webサイト制作の基本やホームページ制作を学ぶ、webサイト制作の勉強@迅。webサイト制作に必要なイラストレーター|フォトショップ|Dreamweaver|HTML5|CSS3|javascript|jQuery|の基本を紹介しています。

illustrator 基本操作6 表示の切り替え

表示の切り替え

f:id:zinnteitan:20161009133724j:plain

皆さんお元気ですか?迅犬です。

今回は、イラストレーターにおける表示の切り替えをショートカットキーを使ってやっていきましょう。

前準備として、横幅700px、高さ500pxの新規ドキュメントを作成しておきましょう。

f:id:zinnteitan:20161009125406j:plain

 

※ちなみにこの新規ドキュメントで作成された白いエリアをアートボードと、言います。

f:id:zinnteitan:20161009125450j:plain

実際にこの作成したアートボード上で、下記で紹介する表示切り替えを行なってみましょう。

ズームイン|ズームアウト

Ctrlキー押下状態で+キーを押すことで、ズームイン

Ctrlキー押下状態で-キーを押すことで、ズームアウト

アートボード全体を表示

Ctrlキー押下状態で、0を押すことでアートボード全体を表示します。

現在作業中のアートボード全体を確認したい時に便利です。

原寸表示|100%表示

実際の表示サイズで確認したい場合などに便利です。

本日の振り返り

こういったショートカットキーの操作を慌てず、少しずつ覚えていって、作業の効率を上げていきましょう。

ちなみに、アートボード全体表示(Ctrl+0)で表の切り替えを行った後に、コピーしたオブジェクトを貼り付けを行った場合、自動でアートボードの中央に配置してくれますので、これも頭の片隅に覚えておきましょう。

では、また次回( ˘ω˘)